やっぱり新しい洋服は心が躍る

買うつもりは全くなかったのですが、春物のコートがとても私好みの色だったので店に入って試着してみました。

たいていこのような洋服は試着してみると自分が想像していたイメージと違っていたりするから買わないのですが、予想以上にしっくりときました。

袖の長さもちょうどよかったし、何よりも自分が大好きな水色がベースだったのでとても気に入ってしまいました。

自分の大好きな色が使ってあったし、値段もそれなりに高かったのですがよけていたお金を使ってついに買ってしまったのです。

待ちきれなくてその場で着て帰ることにしたのですが、やっぱり新しい洋服は心が躍るというか本当に笑顔にさせてくれます。

しかも自分が大好きな色だったので気持ちはさらに上がって、しばらく楽しい気持ちで出かけることができそうです。

暖かい季節が待ち受けていますがまだまだ寒いし、驚いたことにまだ雪が降ったりもするのでしばらくはこれを使っていくことができそうで楽しみです。

友人の友人ですごい借金ライフをしている人がいるらしい。どこからどこまでを借金ライフと呼ぶのはわからないけど、定義があるとすれば借金があってその返済に全力を注ぐことが出来ている人だろう。

時間は限られている中でじゃあ何をしている時が幸せなのか?人は筋トレをしても仕事をしても遊んでいても同じ時間を消費する。私も含めて労働は基本的に時間との対価としてお金を得ることができる。

ホントのお金持ちになるためにはこの労働力を違うところにパワーを注がなければいけないらしいが、そこにはまだ至っていない。

ゆっくり借金を跳ね返すぐらいの力が欲しいところだ。

昔は借金が返せなくても明るく生活をしていた

子供たちの小学校にウサギがいるのですが、最近毎日のように学校に行く用事があるのでウサギが大好きな私にとってはうれしいことで毎日眺めています。

ちょっとあることに気がついたのですが、見るたびに大きくなっているような気がして少し不安になってしまいます。

みれば十分に運動できるようなスペースもないし、そうかといって餌はたっぷりと貰っていていつも食べているので本当に豚のように肥っています。

あのまま行ってしまうと病気になってしまいそうだし、ウサギにとって寝る場所くらいしかないから運動できる場所を作ってあげたらいいんじゃないかな?と心配になってしまいます。

やっぱり学校でこのようなかわいらしい動物を飼うのなら、それなりに幸せな状態で飼育してあげないとかわいそうだと思うんです。
それにしても毎日のように体重が増えているように感じるので、あのたっぷりと与えている餌は半分くらいの量でいいような気がしますよ。

キャベツももらい、ニンジンももらい、レタスももらい、専用のラビットフードまでもらって本当にたっぷりと食べているから心配です。

紅白の歌合戦を見ているとご存知の通り私の大好きなあのMさんが出ていた。

昔の歌にはすごいパワーがある。なぜあれば一次放送禁止になっていたのかはわからないが、私としては今まさにこんな時代だからこそ知るべきことではないかとさえ思うことがある。

家賃を払って生活費はもう既にない。それでも朝から夜までとにかく働きまくる。これがいかにしんどいことか、、、。私だって肉体労働はそんなにしたことがないのですごく尊敬できるのだ。

それが借金を返せなくても楽しめた最大の秘訣なのかもしれない。力が渡るとすれば来月になるのかな?結構自分の中ではパワーを渡したつもりなのだが、まだ伝わっていないのが不思議なくらいだ。

まぁーそれもこれの楽しいところでもあるのだと自分に言い聞かせている。

借金返せなくても明るく返済に向けて前を向くって難しいけど、素晴らしいと思いましたね。

借金 返せない

言われてから動くようじゃー遅いぜ

人が動くとすれば自発的に行動をしなければならない。友達ですぐに影響を受ける奴がいる。私があれを始めたんだよ。そしてうまくいきだしたかも。と伝えると次に会った時にはもうはじめようとしている。でもいっつも思うんやけど、これじゃー遅いんよな。自分から動こうって本気で思わないと何も進展をする事はないし、絶対的にうまくいかない。

そして2回目に会うとすごくヒントを得ようとしてくる。ここでもポイントがあって、人からヒントなんて得ることができないわけですよ。だって人によって多くのやり方があるし、正解にたどり着くまでの方程式はいくらでもあるんだから、自分でやりながら検証をして進めていかないと行けない。

ぽっちゃんと池に落ちたらどうしますか?

泳ぐこともできるだろうし、すぐに起き上がることもできる。助けを呼ぶことだってできる。

何通りの方法や選択肢を1秒の間に判断をしなければならない。借金だって時間が経てばパワーを失ってしまうのだ。同じ概念で勝負をするにしても1位を取り続けたい。

EMIKOが夢の妄想を借金で膨らます

冬ですけど、風が強い日は何でも飛んで行きます。

ごみ箱が飛んでいくのは基本的なことですけど、私が今日驚いたのはスーパーマーケットにある、かなり大きめの資源ごみ用の置き場が、そのまま風で動いていました。

つまり物置のようなものがそのまま数の力で動いていたので、すぐ隣は大きな道路で親しい怖くなったのでスーパーマーケットに飛び込みました。

外でとんでもないものが動いていることと、放置していると必ず道路まで行ってしまうということを店の人に伝えて、ついでだからそのまま買い物をしていきました。

今までいろんなものが飛んで行くのは見てきましたけれど、ここまで大きなものが風の力で動くのを目の当たりにしたのは初めてだったので、本当に怖かったです。

今日は歩いていましたが、もしも自分が車の運転をしている時に物置みたいなものが道路に現われたらパニック状態になってしまうことでしょう。

考えただけでも恐ろしいことですが、今日のことでよくわかったので何が来ても自然に対処できるようになりたいです。

それにしても道路に出る前に気がつくことができて本当に良かったと思います。

妄想に最近はまっている私です。昔は理想的な自分を想像するのが毎日楽しくてやっていたんですが、今じゃーかなり変わったことをしています。それは借金が返せなくなる私と恋人。

可也ディープな話すぎて引いてしますかも。

とりあえずこの借金ヒストリーは次回お話しますので、しばしお待ちを。